クリップオンストロボをオフカメラで使う方法まとめ!

カメラの話

ストロボをカメラから離れた状態で発光させる手法を「オフカメラライティング」と言います。
これが出来るだけで表現の幅がグッ!と変わるのは皆さんなんとなくご存知かと思います。

しかしながら、このオフカメラライティングは

  • どんな機材を揃えれば良いか分からない
  • 必要な機材を揃えると高く付きそう

といった理由で敷居が高く、取っ付きにくいんですよね。

ということで!今日はクリップオンストロボをカメラから離した状態で発光させる方法についてまとめてみようと思います。
安い方法から手軽な方法まで少しでも多くの方法をまとめるので、ぜひご自分に合った方法を見つけてみてください!

スポンサーリンク

クリップオンストロボ

まず今回話に出てくるストロボについて簡単に。

今回使うのはクリップオンストロボというタイプです。要はカメラの上に取り付けて使うことが出来ますよ、というタイプ。

電池駆動なのでパワーやチャージスピードは遅いですが、その代わり持ち運びが楽ちんで手軽に使えるという利点があります。

オフカメラ発光の優位性

このクリップオンストロボをカメラの上に付けた状態で発光する場合、よく天井バウンス壁バウンスが使われます。こういう発光方法でもすごく綺麗な写真が撮れるのですが、どうしてもそこから先の表現が出来ませんし、何より屋外では使えません。

またアンブレラやソフトボックスを使った撮影も出来ないので、表現がすごく狭まってしまいます。


これはソフトボックスを使った例ですが、こういう商品撮影ではよくある撮り方もストロボを離して発光しないと出来ません。


実際に上のセットで撮った例。サイド光でアクセサリーの透明感を表現できました。

このようにオフカメラライティングでは今まで出来なかった撮影が出来るようになります。

【商品撮影】ソフトボックス1灯でアクセサリーを撮る!
今回はソフトボックス1灯を使った商品撮影方法について書いてみます! ちょうど友人からアクセサリーの撮影を依頼されたので、それを例にご紹介。 簡単な方法で凄くクオリティの高い写真が撮れるので、オススメの撮影方法です◎

クリップオンストロボをオフカメラで使う方法

ではそんなクリップオンストロボをオフカメラで使う、つまりストロボをカメラから離れた場所で発光させるにはどのような方法があるのか、3つに分類してみたいと思います。

①有線で発光させる方法

まず1番簡単なのが、有線タイプです。

有線にも色々あるんですが、どのカメラ・ストロボでも対応するのが、カメラのホットシュー(ストロボを付ける場所)とストロボの間に線を入れて繋ぐパターンです。


僕が持ってるケーブルはちょっと特殊なので、汎用的な商品の画像をAmazonより引用。

この有線タイプが優れているのは、どのタイプのストロボにも使えることです。
例えば純正のオフカメラでの発光に対応していないストロボや、中国製の安~~いストロボ、国産のストロボなど、何でもオフカメラで発光することが出来るんです。

メーカー純正のストロボを使っているような場合は、カメラ側からストロボの光量を調整したり、オートのTTLライティングに対応することも出来ます。

欠点としては、やっぱりケーブルが邪魔になることですね。ケーブルを引っ掛けてストロボやカメラが転倒しちゃうとたまりません。

でも最初はこれが一番簡単なので、既に持ってるクリップオンストロボでちょっと気軽に試してみよう!って程度ならこれで十分だと思います。

②無線で発光させる方法(スレーブ発光)

続いて無線で発光する方式です。無線発光にも2種類あって、スレーブ発光方式と電波通信タイプがあります。まずはスレーブ発光と呼ばれるタイプについて。

これはクリップオンストロボが別のストロボの光を感知し、その光に瞬時に反応して発光する!という方式です。


この図ではカメラの上に取り付けた①のストロボに反応した形ですが、カメラに内蔵のストロボでも反応します。
なのでストロボが内蔵されているカメラであれば、簡単にオフカメラ発光させることができます。

キヤノンの場合、ほとんどの純正ストロボにこの機能が付いていますし、中国製の安いストロボにも付いています。


3,000円台のストロボ「TT560」。このストロボにもスレーブ機能が付いている。

この方式であれば、カメラにストロボが付いていれば、即オフカメラ発光させることが出来ます。
すごくお手軽で、上記のTT560なんて3千円ちょいですから、試しに買ってみるのも良いのではないでしょうか。(僕も持っています)

一方でデメリットとしては、カメラのストロボ光が届かないような場所にセットすると発光しないことです。
遠い場所、カメラの後ろ側、アンブレラやソフトボックスの陰になる使い方等々・・・。
室内であれば光が回り込んで使える場合も多々ありますが、一応そういう場合があるということを念頭に置いておいて下さい。

カメラ本体にに内蔵ストロボがあるのなら、約3,000円のストロボを買うだけでオフカメラライティング出来ますから、まずはこの方法から始めてみるのがオススメですね。(キヤノンのフルサイズ機や一部の入門用ミラーレスには内蔵ストロボが無いので使えません。)

③無線で発光させる方法(電波式その①)

そして一番取り回しが良いのが無線式です。これは2.4GHz帯の電波を使って発光させる方式で、スレーブ発光のように物の陰にあっても光らせることが出来ます。

この電波式の発光方法にも2つ種類があって、

  1. ストロボに受信機能が付いている物を使う
  2. ストロボに受信機を付けて使う

この2つがあります。

1のパターンはストロボに電波受信機能が付いているので、あとはカメラに発信機を付ければ使えるようになります。

僕が使っているキヤノンのストロボ「430EX III-RT」と、発信機「ST-E3-RT」の組み合わせがこれです。僕がこのブログに載せるレビュー記事用の小物撮影や、証明写真の撮影はすべてこの組み合わせで行っています。
↓以前書いたレビュー記事です。

スピードライト430EX III-RTレビュー
キヤノンのスピードライト「430EX III-RT」を半年以上使用したので、レビューです! 僕が持ってるアクセサリーの中でも一番出番の多いのがこのスピードライトです。 フラッシュって暗いところで使うイメージがあるかもしれ...
スピードトランスミッター「ST-E3-RT」レビュー
キヤノンのスピードトランスミッター「ST-E3-RT」を購入したのでレビューです!

これの最大の利点はカメラ側の送信機から、ストロボの設定が変更できること。
ストロボの強さはもちろん、多灯ライティングの場合は各ストロボの強さを個別に調整できますし、発光回数や発光の周波数を調整できるなど、様々な機能を手軽にコントロールして使うことが出来ます。


実際に送信機「ST-E3-RT」をカメラに取り付けた例

純正は高いよ!という場合は、ニッシンジャパンなどからこういう送信機とセットになったものが発売されてて、これがなかなか素晴らしいです。僕としてはこれがオススメですね。

以下にキヤノン用とニコン用を載せてみますので、使っているカメラのメーカー用を選んでください。もちろんニコン・キヤノン以外のメーカーにも対応した同じ商品が販売されています。

いやいやそれでも高い!もっと安くても十分だよ!という場合は、中国製ですが、GODOXの「TT600」と送信機「X1T」を買う手もあります。

設定その他がしっかりしてるのはやっぱりニッシンジャパンの製品なので、お金に余裕があるならニッシンの方がオススメです。
中国製品に比べると割高に感じますが、純正品に比べればとても安いです。純正だと少なく見積もっても5万円はしますからね。

購入の際に注意したいのは、送信機はカメラメーカー用のものを選ぶ必要がある(GODOXならX1Tの方)ことです。キヤノンのカメラを使ってるのにニコン用の送信機を買うとうまく動作しませんので気をつけてください。

④無線で発光させる方法(電波式その②)

そして最後にご紹介するのが、受信機をストロボに取り付けて使う方法です。
この方法であれば、既に持っている無線通信に対応していないストロボを簡単に無線対応にすることが出来ます。

こういうやつ。左側が受信機なのでストロボを付けて、右側の発信機をカメラに取り付けて使います。

もし今お使いのストロボが無線に非対応で、でも無線でオフカメラライティングしたい!という場合はこれがお手軽です。

欠点は、カメラ側からストロボの強さを調整できないこと。
ちょっとした物撮りのように近くにストロボを設置する場合は良いけど、数m先にセットするような場合はちょっと億劫です。
もしストロボ自体を持っていない、もしくはこれから本格的にライティングをしたいのなら、③のタイプの方がオススメですね。

補足

電波通信機器を使う場合は「技適マーク」の付いた製品でないと、厳密に言うと違法になります。
一応購入の際に確認してくださいね。

まとめ

ということでオフカメラストロボの方法でした!

もう一度まとめておくと、

  1. 有線 → 一番簡単で安上がりだけど取り回しが悪い
  2. スレーブ発光 → 簡単かつ少ない機材で発光できるけど死角に弱い
  3. 電波式 → 使い勝手が一番良いけどコストが掛かる
  4. 送受信機を使う → 低コストで電波式発光が出来るけど設定変更が億劫

こんな感じですね。どの方法も一長一短ある、という感じです。

正直に言うと、ある程度コストを掛けられるなら、やっぱり3の送信機+ストロボのパターンが一番オススメですね。
特に純正にこだわりがないのならニッシンさんのセットが本当にオススメです。

因みに、僕は上記の通り普段電波式で撮ってるんですが、それに対応したストロボは2つしか持っていません。
なのでどうしても3灯必要なときは、2灯が電波式、残りの1灯は中国製の3千円のストロボ「TT560」をスレーブ(他の2灯の光に反応してTT560が光る)という組み合わせで使っています。

そんな感じで、必ずしもどれかの方法じゃないとダメ!ということはなく、組み合わせて使うことも出来ますので、ぜひご自分に合った方法を見つけてみてください!

コメント

  1. n0r1h1r0n より:

    てっちーさん、こんばんわ!いつも楽しく読んでいます!このストロボの記事も自分的にタイムリーなネタで助かります( ´ ▽ ` )

    そして今回の大雨、お住いのエリア直撃で大変な最中だと存じます…最小限の状態で済む様に祈っています。どうかご無事で。

    • てぴっくす より:

      n0r1h1r0nさんおはようございます!
      ストロボ、僕の周りでも「やってみたい!」って方が何人かおられたので、今回まとめてみました!
      本当に表現の幅が広がるので楽しいですよね♪

      雨、多少近所が浸水したりしていますが、今の所は大丈夫です!
      ありがとうございます!!!