パーマセルテープの特徴と使い方をまとめてみた!

その他

今回は撮影によく使うアイテムだけど、意外と知らない人も多い(かもしれない)「パーマセルテープ」についてご紹介します!

スポンサーリンク

パーマセルテープを詳しく見てみる!

パーマセルテープについて

僕が使っているのは、一番有名な堀内カラーさんが販売しているテープです。

パーマセルテープ

パーマセルテープって一般名刺っぽく使われていますが、実は現在Shurtape(シュアーテープ)社に買収され、CP743という製品名で販売されているテープの固有名詞です。

それを日本国内では堀内カラーさんが「パーマセルテープ」という名前で販売しています。

つや消し・紙素材

テープ自体は、つや消し紙素材のテープです。

素材の感じとしては、ホームセンターで売ってる「マスキングテープ」をイメージしてもらうと割と近いと思います。塗装のときにマスキングする、アレですね。

あれを撮影用に、もう少し強くして、つや消しにしたテープだと思ってもらえば良いと思います。

パーマセルテープの特徴

ではもう少しパーマセルテープの特徴を具体的に見ていきます。

貼り跡が少ない

糊残りは少ない

まず、貼り跡が少ないので貼る相手を選ばないのがポイント!

なので、例えば壁紙に商品を固定して撮るとか、あとは商品自体をどこかに固定するために貼ることも可能になります。

商品撮影していると、コロンとものが動くこともよくあるんですが、後ろに輪っかを作って軽く支えてやるだけで動かなくなるので便利です。

手で切れる

手で切ることが出来る

紙テープなので、手で切れるのも便利なポイント!

撮影中にいちいちハサミを出して切って…というのは非常に億劫ですが、パーマセルテープなら簡単に指で切ることが出来ます。

僕はズボラなので、個人的には結構嬉しいポイントです。

粘着力が強い

マスキングテープではなく、パーマセルテープを使う最大の理由はその粘着力の強さにあります。

ちょっと重量のあるものを固定することも可能。マスキングテープなんかだと簡単に動いてしまうようなものでもいけてしまいます。

因みに白のパーマセルテープも販売されていますが、粘着力は黒の方が強いです。

パーマセルテープの使い方

それではパーマセルテープの使い方をいくつかご紹介します!

Tシャツの撮影

パーマセルテープでTシャツを綺麗に撮る方法

いきなりですが、今回一番ご紹介したかったTシャツの固定

Tシャツの撮影って、綺麗な形で撮ろうと思うとすごく難しくて、地面に広げて撮っても角度が付いてしまうのでパースの付いた写真になってしまいます。

そこで有効なのが、パーマセルテープを使って壁に固定する方法です。

方法は簡単、パーマセルテープで輪っかを作って後ろを数カ所留めてやるだけ!
Tシャツをパーマセルテープで固定

他に、襟のタグがクルン!となるのも留めています。
タグにもパーマセル

もちろん壁紙に跡が付くようなこともないので、気軽にクオリティ高いTシャツ撮影が出来るのでオススメですよ!

レンズの固定

レンズをパーマセルテープで固定する

次はよくやるレンズの固定です。

特に多いのが夜景や星空のように長時間露光する撮影で、ズームリングやフォーカスリングを固定して構図が変わらないようにするパターンですね。

他に物撮りなんかでも同じ構図で撮りたいときもこの方法を使うことがありますね。

位置決め

続いて機材の位置決め

これはライトスタンドですけど、撮影中に動いてほしくないけど固定できないものについては、床にマークしておけば安心。これもよくやる使い方ですね。

あとは三脚の脚の長さが変わらないようにマークしておくこともあります。

レンズフードの掃除

レンズフードの植毛部分をパーマセルテープで掃除

それからレンズフードの内側の植毛部分の清掃です。

レンズフードの内側の植毛って物凄くホコリが付いてすぐ白っぽくなるんですけど、そこの掃除に使えます。
僕はこのためだけに使うともったいないので、他の用途に使って外したテープを使って掃除しています。

書くときの下テープ

あと直接書くことがためらわれる場所への下に貼るアレです。

こういう感じで、直接書きづらいものに貼っておくと便利です!

まとめ

ということで、今日はパーマセルテープについて書いてみました。

今回は僕が使っている方法をご紹介しましたが、他にもその場のアイディアで何でも留めることが出来ます!

  • テザー撮影時のケーブル固定
  • 背景紙の固定
  • 撮影品の固定

などなど、その場のアイディアで活躍すること間違いなし。

撮影に出る際はカメラバッグの中に入れておくと便利ですよ♪

その他
スポンサーリンク
記事が気に入ればぜひシェアをお願いします!
カテゴリー
てぴっくす

コメント