Windows10のOctober 2018アップデートは写真好きにとって嬉しいアップデート

その他

Windows10のアップデート、「October 2018 Update」が何気にとても良いアップデートだったのでご紹介したい!

特に写真好きな人に嬉しいアップデートになっています!

スポンサーリンク

写真好きに嬉しいアップデート

このアップデートで何が出来るようになったのか、基本的な部分は別サイトさんが丁寧に書いてくれているのでそちらをご覧ください。

Windows 10 October 2018 Updateでできるようになった9のこと
Surfaceの新型シリーズがついに発表されましたが、 MicrosoftはOSについても、「Windows 10 October 2018」アッ...

今回は、中でも写真好きに嬉しいポイントを挙げてみます。

エクスプローラーのダークモード

まずエクスプローラーがダークモードに対応しました。

これはUIが黒基調になる機能。
AdobeやDPPを見ても分かる通り、グラフィック系のソフトって画が見やすいように、UIがだいたい黒なんですよね。
初めてダークモードに設定したときは結構違和感があるんですが、慣れると凄く使いやすいです。

Lightroomで「ディテールの強化」機能が使えるようになる

こちらはLightroomの新機能、「ディテールの強化」が使えるようになります。
というのも、ディテール強化には「October 2018 Update」が必須なので、このアップデートを当てなければ使えないんですよね。

このディテール強化というのは、(RAW)画像からLightroomがディテールを自動で判断してディテールを向上させてくれる機能です。
イメージとしてはDPPのデジタルレンズオプティマイザに近いと思うんですけど、他に高感度ノイズなんかの低減処理もしてくれるようで、今後活用の場が増えていくかなぁと思っています。

UDフォントが加わった

そして、写真好きに限った話ではないですが、モリサワのUDフォントが追加されたのも嬉しいポイント!

  • BIZ UD明朝
  • BIZ UDゴシック

※UDフォントについてはこちらをご覧ください。

僕はAdobeのCreative Cloud(年間契約のやつ)に入っているので幾つかUDフォントが使えるんですが、これが無償で、しかもWordやExcelで使いやすいフォントが追加されたのは非常に嬉しいです。

実際に文書作成で使ってみましたが、文字の高さなんかがWordととても相性が良く、使いやすい印象を受けました。
今後はMS明朝などがこれらのフォントに切り替わっていくのかなぁと思いますね。

アップデート方法

さて、ここまで幾つか特徴をご紹介しましたが、まだアップデートが来ないよ~って方向けに更新方法をご紹介しておきます。

普通のアップデートは「更新とセキュリティ」の項目から更新できるんですが、こちらは自動更新を待つか、手動でダウンロードしないとアップデート出来ません。

Windows 10 のダウンロード

自動更新は待てないよ!という場合は、上のページから「今すぐアップデート」を選択してインストールすればOKです。
ただ、アップデートは結構時間がかかるので、30分~1時間ほど見といた方が良さそうです。

なお、現在「October 2018 Update」が入っているかどうかの確認は、Windowsの更新履歴から確認できます。
Windowの設定画面の「更新とセキュリティ」→「更新の履歴を表示する」と進み、最新のプログラムが「Version 1809」になっていれば「October 2018 Update」が入っています。
1803などの場合はまだ入っていないので、上記のサイトからダウンロードしてください。

まとめ

ということで、カメラ好きに嬉しい「October 2018 Update」の内容と、アップデート方法について書いてみました。

ちょっとしたことではあるんですけど、今回の更新は結構嬉しかったので、あえて記事にしてみました。

更新したけどダークモードやフォントに気付いていない方、もしくは更新がまだなせいでLightroomのディテール強化を使用できていない方などの参考になれば幸いです!

コメント