EOS 5D Mark IV レビュー

EOS 5D Mark IIIから実に4年半!待ちに待った「EOS 5D Mark IV」がついに発売されました!

5d4

貯金をぶっ込んで買ったので、さっそくレビューしていきますよー!!!

▼購入後3ヶ月経って書いたブログはこちら。

なんかワ~っと言ってるうちに、早いもので購入から3ヶ月以上が経ちました。 この3ヶ月の間、色んなシチュエーションで撮影することができまして、そうするとやはり最初は気付かなかったことが色々...

▼5D Mark IVの設定をまとめたブログはこちら。

カスタマイズ性の高いEOS 5D Mark IV。設定次第でかなり自分好みのカメラになると思います。 そこで、今日は僕の5D4の設定について書いてみようと思います! 自分のための備忘録という面...

スポンサーリンク

外観

まずは外観です。しっかり見ていきましょう!!!

前面

こんな感じ。

5d4front

今までMark IIIのバッヂがあった所にレリーズケーブルを挿すようになっています。
5d4%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%ab

このためレリーズケーブルのためだけにカメラ側面のカバーを開けなくて良いので防水性が上がっているそうです。
デザイン的には下部にMark IVってある方が見慣れている、というか「EOS」の文字が上に移動したのが違和感あって、個人的にはこのEOSの文字が無かったらもっとカッコ良かったのにと思いましたが、割りとすぐ慣れました。

背面

次に背面です。

5d4%e8%83%8c%e9%9d%a2

注目はやはり新たに加わった測距エリア選択ボタン。押す度に測距エリアが変更されます。(初期設定ではOFFになっているので注意!)

具体的な測距エリアは以下の7つ。
「スポット1点」「1点」「領域拡大」「領域拡大(任意選択周囲)」「ゾーン」「ラージゾーン」「自動選択」。
これらを測距エリア選択ボタンで選択した後、マルチコントローラーで任意のポイントやゾーンを選択します。
(この時マルチコントローラー押下で中央のポイントに戻るか、指定したポイントに移動するかも設定できます。)

これがとても便利!操作しやすい位置にあるのがグーですね。
AFの操作性がかなり上がったと思いますよ!

※後で確認したら、マルチコントローラーで測距点を選ぶのも初期設定ではOFFになっていました。要設定。

メニュー画面

menue
これは取説からのキャプチャーですが、MENU画面はタブが2段になっています。
Q(クイックボタン)を押すと上のタブが、下のタブはメイン電子ダイヤルかマルチコントローラー左右、各項目はサブ電子ダイヤルかマルチコントローラー上下で操作できます。

もちろん、タッチ操作もOK!

上面

上面は普通。特に書くことなし!笑

5d4%e4%b8%8a%e9%9d%a2

Wi-Fi・GPSが入ったから上部が分割されてますよ、くらいかな。

横面

右側面。
5d4%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2CFとSDのデュアルスロット。CFはSanDiskのEXTREME PRO 64GBを購入しました。過去、遅いSDカードが連続撮影枚数のボトルネックになった経験があるので、ここはこだわったつもりです。

続いて左側面。
5d4%e7%ab%af%e5%ad%90

各種ケーブル類のコネクタです。カバーが分野ごとに3分割されました。写真家は「3分割」という言葉が大好きですからね。
まだCFカードのリーダーを持ってないんで、USB3.0も本当に嬉しいポイントです!

※後日カードリーダー買いました。SDも入るんで便利です。

ストラップはプロスト!

5d4%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%83%88
カッコいいーーーーー!!!!

6Dのストラップを、従来の付属品からプロフェッショナルタイプに交換しました! カメラ付属のストラップには無い「ある工夫」がなされています!

写真を撮りながら2万歩以上歩く機会がありましたが、そんなに重いとかデカイとかは感じなかったです。

今回は、頼まれて地元の秋祭りのお神輿を撮ったので、その写真を載せてみます!

DPP4.5とEOS Utility3.5をインストール

僕が5Dを買ってから設定した項目を紹介しようと思うんですが、その前に注意点が一つあります。

5D Mark IVのデータをパソコン上で編集するにはDPPを4.5にアップグレードする必要があるんで忘れずにやりましょう!

また、USB接続や無線LANでPCと5D4を接続するためには、EOS Utilityも最新の3.5にアップグレードする必要があります。これをやってないとPCがカメラを認識しません。

どちらも以下のキヤノンのサイトより、5D Mark IVを選び、カメラ下部に書いてあるシリアルナンバーを入力することでダウンロード出来ます。

キヤノンのデジタル一眼レフカメラのソフトウエアダウンロードに関する機種選択ページです。

これをやっておかないと、後述のデュアルピクセルRAWの調整など出来ませんので必須ですよ~!

カスタマイズ

それでは、僕が一番最初の段階で設定した項目を並べてみます。今後お気に入りの設定が見つかるたびに追加していきます。
5D4はとにかくカスタマイズ出来る項目が多いので、僕の設定が少しでも誰かの参考になれば幸いです。(逆に、こういう設定が便利だよ、ってのがあったら教えて下さいね~!)

操作ボタンカスタマイズ

操作ボタンカスタマイズ

  • シャッターボタン半押し→AEロック
  • AF-ON→測光・AF開始
  • *→ワンショット・AIサーボ切り替え
  • M-Fn→±・ISO/Drive・AF/WB・◎切換
  • SET→ピクチャースタイル選択
  • マルチコントローラー→AFフレームダイレクト選択
  • 測距エリア選択ボタン→測距エリアダイレクト選択

いつもカメラで一番最初に設定するのがボタンカスタマイズ。基本的には親指AFなので、シャッターボタンからAFを外すことから始めます。

一方、個人的にかなり便利だなぁと思ったのが、*のワンショット・AIサーボの切換です。5d4af%e5%a4%89%e6%9b%b4
このAF切換機能、通常の設定だと*を押している間だけAF設定が切り替わるんです(親指AFじゃない場合はこれでOK)が、これを設定する画面で「INFO.」ボタンを押して「HOLD」を選べば、押す度にAFを切り替える設定に変更できます
これを設定しておけば、突如イノシシが走ってきた時とっさにAIサーボに切り替えることが出来ます!

ファインダー内表示

view-finder

5D4の特徴の一つにファインダー内の表示の豊富さがあります。インテリジェントビューファインダーIIですね。
初期の状態では「表示しない」になっているので、僕は全部「表示する」に変更しました。今後暫く使って、ここから不必要だと思う項目を消していこうと思っています。

ISO感度に関する設定

「オートの低速限界」で、ISOをオートにしているときのシャッタースピード低速限度の設定が出来ます。
標準だと大体「1/焦点距離秒」ですが、これを任意の値に変更、もしくは「遅い」から「速い」の7段階で決めることが出来ます。(確かこれは5D4からの新機能だったような。)

オートの低速限界

僕はヘタっぴで手ブレを起こしやすいので、少し速めにしました。
「0」だと「1/焦点距離秒」で、そこから±1ステップでシャッター速度1段分変化します。

Wi-Fi

あとWi-Fiの設定でスマホと接続し、スマホとカメラの時計を同期しました。

★スマホと接続する
5Dのメニューから「通信機器の設定」→「内蔵無線通信の設定」→「Wi-Fi/NFC」を「使う」。
「Wi-Fi機能」からスマートフォンの絵を選び、「設定の選択」→「SET1」→「簡単接続」。
すると「接続待機中」になるので、スマートフォンのWi-FiをONにし、5DのWi-Fiに繋げる。(既に家のWi-Fiに繋がっている場合は、スマートフォンのWi-Fiの接続先を5Dに変更する必要があります。)
すると暗号キーを入れる画面になるので、5Dに表示された8桁くらいの数字を入れる。
これで5Dとスマホが繋がるので、キヤノンのアプリを起動。(Androidはこちらから、iPhoneはこちらからダウンロード)

★PCと接続する
5Dのメニューから「通信機器の設定」→「内蔵無線通信の設定」→「Wi-Fi/NFC」を「使う」。
「Wi-Fi機能」からパソコンの絵を選び、「設定の選択」→「SET1」→「ネットワークを選択」。
ここで接続方法を幾つか選べますが、僕の場合は繋ぎたいネットワークを選び、キーインデックス1を選択し、「キーの書式と長さ」(大体無線LANルーターの裏にパスとかキーが書いてあります。それが5文字なら5を、10、13、26文字ならそれぞれそれを選びます)→ルーターの裏に書いてあるパスを入力→自動接続

この流れでほぼ接続できると思います。

以前Kissの時に、「Wi-Fiなんか邪道じゃ!男ならPCからのアップ一択じゃろうが!」と思ってたんですが、6Dになった途端「Wi-Fiチョ~便利なんですけど~!」って言って使ってました。

最初の設定がちょっと面倒ですが、チョ~便利なんでオススメですよ!

その他諸々

他にも6D使ってた時の設定をそのまま活かしたり、色々設定を弄りました。

特筆すべき項目があれば今後も追記していこうと思います。

※僕が行っている設定を別記事にまとめました。↓

カスタマイズ性の高いEOS 5D Mark IV。設定次第でかなり自分好みのカメラになると思います。 そこで、今日は僕の5D4の設定について書いてみようと思います! 自分のための備忘録という面...

5D Mark IVで撮った写真!

まだまだ撮った写真は少ないですが、一応5D Mark IVの作例を載せてみます。画像クリックで拡大します。

写真の雰囲気

5d4夕方
EF24-70mm F2.8L II USM f/2.8 1/2000sec ISO-100

5d4夕景
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM f/22 1/800sec ISO-400

5d4駐車場
EF24-70mm F2.8L II USM f/2.8 1/160sec ISO-100

5d4商店街EF24-70mm F2.8L II USM f/2.8 1/125sec ISO-1600

5d4carp
EF24-70mm F2.8L II USM f/2.8 1/160sec ISO-2000

5D4夜景
EF135mm F2L USM f/16 30sec ISO-200


EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 400mm 1/1600sec F5.6 ISO-200

5d4テーブル
EF24-70mm F2.8L II USM f/2.8 1/80sec ISO-6400

5d4rainEF135mm F2L USM f/11 1/320sec ISO-3200
雨が水面で跳ねる様子を撮りたくて秒間7コマで連写。

細かい画質

ではここからはもう少し細かい画質も見ていきます。

まずは尾道駅周辺で長時間露光したときの写真。
5d4line
EF24-70mm F2.8L II USM f/11 30sec ISO-100

ISO-100で三脚に据えての画像。ピント位置付近を等倍で見てみると…
%e5%b0%be%e9%81%93%e9%a7%85%e7%ad%89%e5%80%8d
ディテール重視というピクチャースタイルと、3040万画素の威力でかなり解像している印象です。
更にデジタルレンズオプティマイザを併用すれば、もっとキリっとするでしょう。

5D4からはローパスフィルターの効果が弱められているとのことで、部分的には少しモアレが出てましたが、まったく問題にならないレベルです。
%e5%b0%be%e9%81%93%e9%a7%85%e7%ad%89%e5%80%8d%e3%83%a2%e3%82%a2%e3%83%ac
屋根の所に少しだけ出ているのが分かりますかね?

続いて高感度特性について。どっかで撮ったビールか何かのケース。
5d4ケース
EF24-70mm F2.8L II USM f/4 1/125sec ISO-8000

薄暗かったのでISO-8000というかなりの高感度で撮りました。これを等倍で見てみます。
%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b9%e7%ad%89%e5%80%8d
少々ノイズ感はありますが、色ノイズは殆ど感じないし解像感も十分残っている!
ISO6400や8000は日常でも十分常用できる感度だと思います。

そして常用感度の最大であるISO-32000!
5d4猫
もちろんノイズが目立ちにくい条件だというのもあると思いますが、正直何の問題も無いですね。

等倍だとこんな感じ。
iso32000%e7%ad%89%e5%80%8d
やっぱり色ノイズが凄く少ない印象です。

階調性も良いです。
5d4明暗差
EF24-70mm F2.8L II USM f/2.8 1/125sec ISO-3200

シャドウ部も綺麗。

デュアルピクセルRAW

さて、噂のデュアルピクセルRAW、少し試してみました。

ピントの山を前後にシフト出来るという「解像感補正」を試してみたのでご覧下さい。以下の画像の中央で試してみます。
5d4afdpraw

このDPRAWの調整は、DPPの「ツール」から、デュアルピクセルRAWオプティマイザを選択して起動します。(もちろんDPP4.5に要アップデート)

まずは解像感補正で一番奥にピントを持ってきたもの。
5d4%e5%a5%a5

続いて一番手前にピントを持ってきたもの。
5d4%e6%89%8b%e5%89%8d

お分かりいただけただろうか…

確かに若干ながら、ピント位置が変わっていますよね。
取説には「F値の小さいレンズで開放で撮ったときに特に効果があります」とあったので、例えばポートレートで大口径レンズを使う場合なんかに便利そうだと思いました。

個人的にはDPRAWのデータが重すぎるので、本当に状況を限定して使うかなぁという感触です。

この他ゴースト低減も試してみようと思ったんですが、今回使ったEF24-70mm F2.8L II USMでは太陽に向けて撮ってもゴーストが出ませんでした!てへぺろ~!

感想

以上、5D Mark IVを駆け足で見てみました!
正直まだしっかり触れてないのでしっかりした感想はまた後日書こうと思いますが、とりあえず簡単なインプレッションを書いてみます。(僕はずっと6Dを使っていたので、6Dユーザー目線になります。)

操作性が良い

触ってみての一番の感想は、とにかく「痒いところに手が届く!」この一言!
6Dの操作系もシンプルで良いんですが、「ここがもっとこうだったらよかったのに」ってのがかなり多かったんですよね。
例えばAIサーボとワンショットAFをボタン1つで切り替えるなんて、物凄く便利なのに6Dじゃできない。
大切なシーンを撮れるか撮り逃すかっていう大事な設定が沢山自分好みにカスタマイズできるんで、そういう点に凄く感動しました。

これはAFの測距エリア選択も同様で、Mark IVからの新しいボタンやマルチコントローラーのおかげでかなり扱いやすいです。中央一点のみ番長の6Dからすると最早別次元で、端のAFポイントまでガンガン使えるのでコサイン誤差を気にしなくて良くなりました。

他にも便利機能が沢山ありそうなんで、弄り倒して開拓していこうと思っています!

画質が確実に向上している

写真の「画質」っていう言葉が何を指すかって話ですが、5Dシリーズは画素数や高感度どれか一つが特出するのではなく、全てが万遍なく高いクオリティであることが求められていると思います。

そういう面で、この5D Mark IVは画素数が上がって被写体の質感まで伝わるようになり、それでも高感度特性は若干ながら改善されており、(まだハッキリと分からないけど)ダイナミックレンジも(恐らく)良くなってる(っぽい)ということで、まさに総合的な画質が良くなっていると思います。

この画質ってのはスペック表では伝わりにくいので何とも曖昧な表現しか出来なくて申し訳ないのですが、数百枚撮ってみた現段階ではかなり満足しています。

高感度については、JPEG撮って出しでもかなり高感度まで使える印象です。被写体・鑑賞サイズによってはISO-10000くらいまで十分に使えるかなと。
色ノイズが減ってるのが効いてると思います。DIGIC6+の威力ですね。

AFの追従性が凄い

作例にも載せましたが、運動会をEF100-400mmで撮った写真。この他の写真もバンバンピントが合っており、等倍表示すると服の生地まで見ることができます。
全点F5.6対応のクロス測距が可能なので、開放Fが5.6のこのレンズでも、全ての測距点で高い追従性を発揮してくれます。

また測距エリアが縦に広がった点もこういう撮影時には凄く効いていて、ずっと顔にピントを合わせながら撮れるのはありがたいです。

ライブビュー撮影がめちゃくちゃ便利になっている

デュアルピクセルAFとタッチパネルのお陰で三脚を使ってのライブビュー撮影がめちゃくちゃ便利になっています。

初期の設定ではAF方式が「:-)+追尾優先AF」になってるのでAFの枠が動きまわりますが、静物や風景の撮影では「ライブ1点AF」にすることで、正確なピント合わせを行うことが出来ます。

ライブ1点AF

ただし、親指AF等でシャッターボタンをAF以外に割り当てている場合、タッチしただけではAFが駆動しなくなります。

その場合、ライブビューではAF-ONボタンを実際に押す、スマホは設定でAF-ONボタンを表示することが出来るので、そうすればOKです。

screenshot_20160911-223959

とはいえタッチでピントが合う方が便利なので、ファームウェア等で改善してもらいたい気はします。
(70D所有の友人に確認すると、70Dは親指AFでもタッチAFが効くそうです。)

バッテリーの減りが速い

最初はライブビュー撮影を多用しているからか?と思っていたけど、どうもそれに限らずバッテリーの減りが速いように思います。

GPSも完全にOFFにしていますし、Wi-Fiもたま~に使うときのみONにしているだけで、普段はOFFです。

予備バッテリーがあった方が良いかなぁと思います。

お祭りシーズンですね! お祭りといえば花火ですが、皆さんもう撮りましたか? 僕はまだ撮ってないので、今週島根県は松江市の「水郷祭」を撮りに行く予定です♪ さて、そんな花火の撮影なんですが...

まぁ、バッテリーに関しては、70D、80D、6D、7D、5D Mark IIIと互換性があるので、そういう機種からの買い替え・買い増しの人には金銭的に負担が少なくて済むと思います。

ちょっと気になったので、後日もう少し詳しく仕様を調べてみました。

6Dの撮影可能枚数はバッテリーLP-E6で1090枚、5D3は同950枚、5D4はLP-E6Nで900枚です。
LP-E6NはLP-E6の新型(互換性あり)で、容量が3.6%増えています。

なのでそれを考慮し同じバッテリーを使う前提で比較してみると、5D4の撮影可能枚数は

  • 6D比→約20%減
  • 5D3比→約8.5%減

となります。

僕は元々6Dユーザーなのですっごい減った気がします。ちょっとこれは5D4の大きなマイナスポイントかなぁと思います。
これだけ違うとしっかり体感できるほど減りが早いですよ。

その他

さて、偉そうに長々と書きましたが、以上が5D Mark IVのファーストインプレッション+αでした。

今後もどんどん撮ってどんどん追加していこうと思ってます!

他にも、こんなの便利だよーとか、買おうか悩んでるけどここはどうなってる?なんてのがあったらぜひ気軽にコメントしてくださいねー!

▼その他5D Mark IV関連の記事はこちら

「5D Mark IV関連」の記事一覧です。

【追記】初期不良だった件

初期不良品だったので、交換してもらいました。

先日からマークフォー!マークフォー!と騒いでおりますが、実は初期不良品に当ってました。 このブログに書くかどうか悩みましたが、メーカー・販売店さん共に凄く気持よく対応していただけたし、何...

あと、オートホワイトバランスの色が時々転ぶことについて。

EOS 5D Mark IVのオートホワイトバランス。時々、色味が突然変わることがあったので、原因を調べてみました。

コメント

  1. 皆川 明 より:

    EOS-5DⅢ使用し Ⅳを発注し 入荷待ちです
    非常に参考になることばかりで 感激して何回も
    読み直しています
    DPPとEOSUtilityのバージョン、操作ボタンのカスタマイズ、
    ISOの高感度性能、新機能のテストなど
    次号も期待してます EOS使用8年 73歳 甲斐の国

    • てぴっくす より:

      皆川さん
      コメントありがとうございます!

      Mark IVの入荷、楽しみですね。
      私は初の5Dシリーズなので、触れる度にワクワクしています♪
      今後も出来る限り気付きなどをアップしていこうと思っていますので、良かったらまた遊びに来てくださいね。

      皆川さんの5D Mark IVライフがとても楽しいものになるよう祈っています(^-^)

  2. かんぱち より:

    こんにちは。Mark IVを購入し設定などを参考にさせてもらいました!
    ところで、以下の部分が上手くいかない(やり方がわからない)のですが、手順を教えてもらえますか?
    =====
    「INFO.」ボタンを押して「HOLD」を選べば、押す度にAFを切り替える設定に変更できます。
    ====

    • てぴっくす より:

      かんぱちさん、コメントありがとうございます!

      早速AF切換の件、お答えします。
      まずボタンカスタマイズの画面を表示し、「*」を選びます。
      すると「AEロックボタン-割り当てる機能を選択してください」という画面が出ますよね?
      この画面でマルチコントローラー等を使って「ONE SHOT↔SERVO」にカーソルを合わせます。(この時はまだSETを押しません)
      するとこの時画面左下に「INFO.詳細設定」と表示されるはずです。
      この状態でINFO.ボタンを押せば、⇓とHOLDを選択できるので、これでHOLDを選択すればOKです。
      これで*を押すだけでAF方式を切り替えられるようになります。

      この機能、親指AFを採用せず、人差し指でAFしてる場合は「押してる間だけAF切換」の方が便利な気がするんですが、親指AFの場合は実質2つ同時に押すことが不可能なので、この設定をしておかないとダメなんですよね。

      それと補足ですが、結構5Dのメニューには今回の設定のように、INFO.を押すことでHELPや詳細設定が選べる場合があるので、そこも注意していると結構隠された便利機能に気づけることがありますよ(^^)

      • かんぱち より:

        こんにちは。
        おおー!できました!
        ずっと、「INFO.ボタン」を操作していましたが、画面内のメニュだったのですね。
        これでバッチリです。ありがとうございました!

        • てぴっくす より:

          かんぱちさんこんにちは。
          5Dは出来ることが多い反面、設定がちょっと複雑ですよね。
          でも無事に設定できたようで何よりです!(^^)