フィルム、ノスタルジック。(EOS-1Nの使い方)

今日は衝動買してしまったフィルムカメラEOS-1Nのレビューと、初めてフィルムカメラを使った男の物語です。

スポンサーリンク

EOS-1N

外観

まずはサクッと外観を見てみましょう!

使い方を知りたくてこの記事を読まれている方は、最後の方に載せていますのでそこまで飛ばして下さい。m(_ _)m

パッと見てまず思ったのは、薄い、テカッとしている、グリップが浅いなどなど。
しかし造りはかなりしっかりしており、剛性感は昨今の中級機より遥かに高いです。

製造から20年以上経った中古品ということもあり、ラバー部分は加水分解が起こって少しベタついていたので清掃しました。

裏面。もちろん液晶モニターなんてありません!

シャッターの手前にあるのが電子ダイヤル、背面にあるのがサブ電子ダイヤル。この辺りは現行機と同じですね。

上面。ボタン類もシンプル。モードダイヤル等はありません。

バリアングルにするとこんな感じ!

じゃなかった、フィルムボックスを開けたところです。ガワは使用感がありましたが、こちらは凄く綺麗でした。

そしてフィルム時代のLレンズ、EF135mmを付けてみました。1996年当時、この機材の組み合わせで撮られたポートレートが誌面を飾っていたかもしれません。

ぶちカッコいい…。

実際に使ってみる

僕はフィルム一眼を使うのが初めてなので、細かく使用方法を書いていきます。きっと経験者の方にとっては「何を今更…」という感じだと思いますが暖かく見守って下さいw

電池を入れる

まずバッテリーですが、充電式ではなく市販の2CR5という使い捨てのものになります。ホームセンターで買ったら1個1,300円しておったまげましたが、Amazonだったら800円以下でした。説明書には電池一本で75ショットと書いてましたが、実際に使ってみると150ショット以上使えました。多分昔より電池の性能がアップしてるんだと思います。

とはいえそれでも高いので、充電式電池+充電器を購入するという手もあります。

電池のセット自体は簡単で、本体底面のネジをコインで開け、蓋っぽいのを外すと電池を入れる場所があるんで、そこに入れます。

フィルム装填

SDカードもCFも入れるところがないので仕方ありません、フィルムを買ってきて装填します。今回はISO感度100と400の36枚撮りのネガフィルムを買いました。

フィルムを引っ張り出して、右の歯車っぽい部分にフィルムの穴を引っ掛け、蓋を締めると自動的にウィーンとなってセットされます。

フィルムだと「36枚なんて使いきれるかな?」という感覚になるんで不思議です。
デジタルだったら同じような写真ばっかり、30分と経たないうちに撮りきってしまうんですけどね。

因みに使ったのはこちらのフィルム。フジカラーのISO400の一般的なやつです。

あとは普通に撮るだけ

ここまで準備できたらあとはデジイチと何ら変わりありません。

電源を入れ、撮影モードを選び(僕はだいたいAvモードかMモード。)、ピントを合わせ、撮るだけ!
もちろん親指AFも設定できます。

因みに測距点の数は5点だけですが、ONE SHOTとAIサーボの両方で撮影できます。
更に最近のSTMレンズもちゃんと動いたし、手ブレ補正機能もちゃんと動作していました。

AF自体は現代機に比べてひ弱ですが、その代わりファインダーでピントの山を掴みやすいのでMFがやりやすいです。
(これは当時のカメラが皆こんな感じなのか、それとも1シリーズのみの特権なのかは分かりません。)

あとシャッター音がめちゃくちゃカッコいいんだけど録り忘れちゃったので、いつかアップします。

実際に撮った写真

それでは実際に撮った写真です!
全てISO400の富士フィルムで撮影し、カメラのキタムラでデータ化してもらったものです。1枚200万画素相当のJPEGデータにしてCDに入れてくれます。

クリックすると大きく画質の良い写真が表示されるので、ぜひ大きくしてご覧ください。


逆光気味のスイセン。EF135mm。
ISO400のフィルムなので、開放で撮るとすぐ露出オーバーになってしまいます。


空模様。EF100-400mm。
デジタルに比べると、黒は割りとベタッと潰れる印象を受けたんですけどどうでしょう。スキャンの問題かな。


白ワイン。EF24-70mm。
これはちょっとローキー気味に撮った写真で、暗部に独特の青味が出ていますね。

[追記]
暗部の特有の色乗りは多分「相反則不軌」によるものと思われます。よく分からんけど多分。


椿。レンズはEF135mm(だったと思う)。


どっかの路地。EF24-70mm。
ホワイトバランスがデジカメでいうところの「太陽光」に近いので、日の当たらない場所で撮った写真は青っぽくなります。
多分デジカメだったら撮った瞬間「青っぽいな」と思って設定変えるんでしょうけど、現像されてから見るフィルム写真はそれを感じません。
このへんの感覚もフィルムならではで新鮮です。


知人の作った器。EF24-70mm。
こちらも暗部にフィルムらしい色が出ています。


桜の樹。EF135mm。
左に写ってる車、本当に古い車なのか、フィルムで撮ったから古く見えるのか…?


メジロ。EF100-400mm。
デジタルなら適当に連写すれば良いんですけど、フィルムだとそうはいかないのでドキドキです。


そして今回のベストショット!知り合いの子どもですが、とても良い笑顔で写ってくれました!EF24-70mm。

たった36枚撮影しただけですが、現像されてきた画を見るとひと目で「フィルム写真だ」と分かる独特の雰囲気の良さを感じました。
多分暗部の色味だとかコントラストだとかシャープネスだとか色んな要因があると思うんですけど、その完成形がめちゃくちゃ綺麗で、今でも廃れずに残っている理由がよく分かりました。

この雰囲気・画質の裏には何十年にも渡るフィルムメーカの努力が隠されてるんだと思うとちょっとした感動すら覚えてしまいます。

感想

楽しい!

というわけで、フィルムカメラEOS-1Nで撮った写真でした。いや~とにかく楽しいですね!

まずフィーリングの話になっちゃいますが、シャッター音がめちゃくちゃ気持ちいいんですよねw
最近のデジイチにはない音なんで、どこで撮っててもおじさん方の視線を浴びることは間違いありません!w

それと撮り方の話ですが、やっぱり撮れる枚数が限られているということが僕の中で凄く大きいと感じました。
「せっかくなら36枚違う写真にしよう」とか「色んなレンズを使って撮ろう」とか、そういう普段考えないようなことを考えながら工夫して撮る。
こういう楽しみ方って何年かカメラをやってると時々忘れてしまうので、それを再確認できて良かったです。

デジタル時代に光るアナログの魅力、再発見です。

フィルム、デジタル、それぞれの良さ。

という感じで今回はフィルムカメラを初めて使ってその良さに驚いたわけですけど、じゃ今後フィルムカメラだけでやっていくかというと、そうはならないと思います。

フィルムにはフィルムにしか出せない魅力があるように、デジタルにも魅力を感じます。
ピントがピシっと決まった時の快感や、デジタル独特の空気感なんかも僕はやっぱり好きなんです。そして何より利便性が全然違いますよね。

そういうデジタルならではの魅力に改めて気づけたのも、今回1Nを買って良かった点かもしれません。

せっかく両方を手に入れたので、今後はそれぞれの長所(使う人によって違うと思うし、僕もまだまだ理解できていない…w)を活かしながら、両方使って沢山写真を撮っていこうと思っています(^^)

またフィルムで撮ったらこのブログに載せようと思うので、興味があればまた覗いてやって下さいね~♪

使い方:メモ

フィルムカメラのレビュー記事は以上で終わりです!
ここからは使い方のメモ書きなので「1N買ったけど使い方分からねぇよ!」って人だけお読み下さいw
僕自身英語の取説をダウンロードして少しずつ読み進めているので、備忘録がてらメモしていきます。

メインスイッチ

カメラ下部のスイッチがメインスイッチになって、電源のON/OFFを切り替えます。

  • ・))):Aと同じだが、ワンショットでピントが合った時に音が鳴る。
  • A:カメラを操作するときはここ。
  • L:電源を完全に切る時に使用。

モードの変更

撮影モード(AvだのMだの)やAFモードを変える時は、左肩のボタンを押しながら、メインダイヤルを回す。

他にも諸々の変更はこの「押しながらメインダイヤルを回す」が基本形のようです。

フィルムのセット

カメラ左横の○ボタンを押しながら、レバーを下にスライドさせて裏のカバーを開けます。

そんでフィルムの出っ張りが有る方が下、平らな方が上になるようにセット。フィルムをオレンジのマークのところまで丁寧に引っ張る。(このときシャッター膜に触れないように注意!)

フィルムの先とオレンジのマークが並び、フィルムのパーフォレーションスプロケットと噛み合っていることを確認したら蓋をしっかり閉めます。(フィルムの先端がオレンジ線を越えないように注意)

自動的に巻き上がって、パネルに「1」と表示されます。

ISO感度設定について

基本的にはフィルムをセットしたらカメラが勝手に判断してくれます。
現在セットされているフィルムのISOを確認するには、AFモードボタンと測光モードボタンを同時に押せばOK。

フィルムが終わったら

フィルムは自動的に巻き戻されるます。(使用中のフィルムを巻き戻すには、本体下のフィルム巻き戻しボタンを押す。)

巻き戻ったらフィルムボックスを開けてそのまま取り出せばOKです。

露出補正(Avモードなどでの露出調整)

クイックコントロールダイヤルスイッチ(本体背面の中央にあるレバースイッチ)をIにする。

被写体にピントを合わせて露出を合わせたあと、クイックコントロールダイヤルを回して露出を変更する。

クイックコントロールダイヤルは、シャッターボタンを半押ししたとき、または6秒タイマーが作動しているときにのみ有効。(露出決定後スイッチを0にすれば、変更した露出をロックできる)

ドライブモード変更

フィルム巻き上げモード(昨今のデジカメの「ドライブモード」の設定。連射など)を変更する場合は右のパームドアを開け、ドライブボタンを押してからサブダイヤルを回す。シャッターボタン半押しするか6秒経つと設定が完了する。

因みに上から、「カスタムファンクション」、「バッテリーチェック」、「ドライブ」、「クリア」ボタン。

セルフタイマーの使用

パームドアを開けて、DRIVEを押す。

液晶に何か表示されるはずなので、メインダイヤルを回して2秒か10秒かを選ぶ。(この操作はDRIVEボタンを押して離した後、6秒以内に行う)

カスタムファンクション

更に細かい設定変更はカスタムファンクションから行います。CF押しながらダイヤル回してF-○を選び、その状態でCFボタンを数回押して選ぶ。

  • F-1:自動フィルム巻き戻しの操作
  • F-2:フィルムを巻き戻す時、完全に巻き戻すか、リーダーをカートリッジの外に残すか
  • F-3:ISOをフィルムから自動で読み取るか、任意に設定するか
  • F-4:*にAF-ONを設定するかどうか。親指AFを可能にする
  • F-5:Mモード時、2つのダイヤルにSSと絞りのどちらを割り振るか
  • F-6:EVのステップを決める。1/3ステップ、1ステップ、1/2ステップ
  • F-7:電子リングAFのレンズを使ったときのなんちゃら
  • F-8:中央加重平均メータリング
  • F-9:ブラケット撮影時の撮影順
  • F-10:ファインダー内AFポイントの点灯について
  • F-11:フォーカスポイントを動かす際の操作方法
  • F-12:ミラーアップ
  • F-13:AFポイントでのスポット測光
  • F-14:フィルインフラッシュのコントロール

慣れない英語で一生懸命解読しているので、なんか間違いがあったらごめんなさい。

コメント

  1. あんじゅう より:

    こんにちは。
    私も亡くなった父の形見のAE-1を持っております。
    ちゃんと動きますが、撮れるかどうかは分かりません…(苦笑)
    フィルムは撮る時に緊張して撮ってました(笑)

    • てぴっくす より:

      あんじゅうさんこんにちは!コメントありがとうございますm(_ _)m
      AE-1、調べてみました!めちゃくちゃカッコいいですねー!
      形見ともなれば尚更思い入れも深いかもしれませんね。

      僕はちゃんとしたフィルムカメラでの撮影は初めてでしたが、ここまで雰囲気や楽しさを感じられるとは思ってませんでした。
      仰る通りフィルムは緊張感はあり、そしてそれが心地よく感じられるのも嬉しいポイントでした。
      またちょくちょくトライしようと思っています♪