一晩だけ咲く花「月下美人」をタイムラプスで撮る!

花・植物・自然

夜に一晩だけ咲く花月下美人をタイムラプス撮影してみました。

月下美人についてはこちら。

ゲッカビジン - Wikipedia

スポンサーリンク

動画

早速ご覧ください!

今回は4Kで作ってみました。だいたい3時間ちょいの撮影時間なので、450~500倍速のタイムラプスです。

撮影方法

使用機材

今回使用した機材は以下の通りです。

  • カメラ:5D Mark IV
  • レンズ:EF100mm F2.8L macro IS USM
  • ライト:普通の家庭用LED
  • RAW現像:Digital Photo Professional
  • 動画編集:Premiere Pro

撮影自体は、後ろに黒い背景紙を設置し、家庭用のLED電球でライティングしただけです。

設定等

もともと5D4自体にタイムラプス機能はついてるんですが、fpsなどの細かい設定ができないし、4Kにも対応していません。

また今回ライティングを色々調整したものの、細かい色や白飛びの恐れがあったため、全ての写真をRAWで撮りました

5D4のインターバル撮影は最大99枚しか撮れないため、今回はシャッタースピードが15秒になるように絞りとライトの明るさを調整し、レリーズケーブルで連写固定にして撮影しています。

  • 絞り:F18
  • シャッタースピード:15秒
  • ISO:100
  • 撮影時間:約3時間
  • 撮影枚数:約700枚

そのためF18という普段使わないレベルまで絞っているので、画質的に少々不安はありましたが、まぁ白飛びするよりは良いよね、という感じですね。

編集作業

編集作業は、DPPで全ての写真のホワイトバランスや露出を一括で調整し、全てを16:9でトリミング。その後Premiere Proでタイムラプスにしました。

Premiere Proでのタイムラプスは解像度(フルHDや4Kなど)も自由に設定できるし、fpsなども自由自在なので非常に作業がしやすいですね。
5D4の画素数であれば、少々トリミングしたとしても6Kくらいなら出力できるんで、そういうのも面白いかもしれません。

なお、Premiere Proでタイムラプスを作る方法はこちらのサイトさんを参考にさせてもらいました。

ありがとうございました。

反省点

今回失敗したのは、途中で5D4のバッテリーがなくなってしまったことです。

1000枚程度ならいけるかなぁと思ってたんですが、バッテリー自体が古くなっていること、15秒という長時間露光をしていることが重なって、600枚ごろにカメラが止まってしまいました。

そのままバッテリー入れ替えられれば問題なかったんですが、三脚に当たって入れ替えられなかったので、ちょっと画角が変わってしまいました。(動画でいえば20秒ごろ)

あと、暗い部屋にセットして撮影してたんですが、途中様子を見るためにドアを開けたせいでちょくちょく露出が狂ってるコマがあります。ここも失敗。

次回への反省点ですね。

感想

ということで、5D4を使ってタイムラプスをしてみたよ!という記事でした。

今回はちょっと反省点もありますが、概ね思い通り、満足のいくタイムラプスが出来たように思います。月下美人は一発勝負のため失敗が出来ないんで少々緊張しましたけどねw

今回花のタイムラプスも撮れたので、今後はスライダーなんかも使ってもう1段階上の動画が作れたらなぁと思う次第ですね。

また良いのが撮れたら載せたいと思います!

花・植物・自然
スポンサーリンク
関連記事
記事が気に入ればぜひシェアをお願いします!
てぴっくすをフォローする
カテゴリー
てぴっくす

コメント