EF16-35mm F4L IS USMレビュー

キヤノン「EF16-35mm F4L IS USM」のレビューです。

16mm始まりということで、超広角に分類されるレンズになります。

EF16-35mm F4L IS USM

比較的新しいこのレンズ、周辺まで画質が物凄くよいこと、そして手ブレ補正が付いたことが大きな特徴です。
今までの広角レンズとは一味違う、ワンランク上の画質が味わえると思います。

スポンサーリンク

外観

では早速外観から見てみましょう!
EF16-35mm
パッと見た感じはよくあるキヤノンのズームレンズの佇まいです。

スイッチの類はAFとISのみでとてもシンプル。ズームリング・ピントリング共にトルク感が最適で使いやすいです。フィルター径は77mm。

付属のフードを付けるとこんな感じ。フードの浅さに広角らしさが出ていますね。
フード装着時
最近のレンズの例に漏れずロック式のフードです。ボタンを押してから外すタイプですね。個人的にこのスタイルが着脱しやすくて好きです。

インナーズームと言えるのか分かりませんが、ズーミングしても全長は変わりません。しかし前玉がグググっと動きます。
ズーミングの様子
左が16mm時、右が24mm時。ご覧のようにズームすると前玉そのものが奥に引っ込みます。なので、このレンズは防塵防滴仕様ですが、保護フィルターを使って初めて完全な効果を発揮するそうです。せっかく前玉にフッ素コーティングしてあるのにフィルターが必須なのは少し残念。

写真

それでは下手くそな写真を恥ずかしげもなく載せてみます。

まずは16mmの広さはこのくらいですよ~ということで、あるお花畑で撮った菜の花です。
EF16-35-2
広角ならではの画ですね。

また建築写真にも必須です。F11。

実際より部屋を広く見せることが出来るし、限られたスペースでも全体を捉えられるので、建築系は殆どこれで撮っています。

続いて星空。F4、ISO2000で30秒。
EF16-35-hoshi
16mmだと大体30秒くらいまで星を流さずに撮ることが出来ると言われています。
本格的に星を撮るには少し暗いかもしれませんが、このくらいの撮影なら十分可能です。

桜。
16mm
かなり大きなしだれ桜を、ほぼ真下から上向きに撮影しました。標準レンズだと入りきりません。
周辺の花まで綺麗に描写されているのはさすがです。

つづいて鹿。
EF16-35-shika
鼻がレンズに当たりそうなほど近寄って撮影していて、ほぼ最短撮影距離です。このデフォルメ感は広角レンズ特有ですね。(ちゃんと目にピントを合わせる技術がないのが悲しい…。)

猫。
猫
こちらも最広角でほぼ最短撮影距離ですが、角度の違いで猫自体にはそこまでデフォルメ感が出ていませんね。

同じ猫をこちらは35mm側開放で。
猫階段
35mm f/4ですが、被写体に近づいたのでしっかりボケが出ています。さすがLレンズなのでボケ味も綺麗。

イルミネーション。
EF16-35-1
広角レンズ特有のパースペクティブを出してみました。実際に目で見るより強調した表現が出来るので面白いです。

比較明合成した星空。

16mmだと被写体が小さくなるので、小さくてもグッとインパクトのあるものを撮らないとパンチが欠けてしまいますね…。

また良い写真が撮れたら追加していきます。

感想

画質が良い

このレンズの凄さはやはり画質の良さにあると思います。周辺を等倍拡大しても全く乱れを感じないのでどのようなシーンでも開放から安心して撮れます。

あと、発色の良さを感じます。
(よく色乗りが良いって表現見るんですけどもしかしたらそれと同じかもしれません。)

同じLレンズでもEF135mmなんかは割りと淡い色になるんですが、こちらはちゃんとしっかり色が出る印象です。
光の違いなどがしっかり出るんで撮ってて気持ちいいです。

手ブレ補正がやっぱり便利

建築系の写真を撮ることがたま~~~にあるんですが、いつもいつも三脚を立てられるわけではありません。

このレンズは16mmの場合、だいたい1/8秒くらいならほぼ100%手ブレせずに撮れるので、少々暗くても絞って撮ることが可能になります。

カメラのファインダー内水準器と合わせれば、かなり機動力が上がると思います。

ただ、広角レンズは難しい

やはり特殊な超広角レンズですから、あまり考えずに撮ると迫力のない写真になりがちです。

でも良い距離感や視点を見つければとても楽しい表現が待っているので、風景写真だけじゃなく少しデフォルメの効いた写真など、楽しみ方の多い奥の深いレンズだと思います。

ということで、キヤノン渾身の広角レンズ、オススメですよ~!