知人の結婚式と周辺減光

知人の結婚式に呼ばれたので写真を撮ってきました!

飾り付け

顔が入った写真は掲載できないので、雰囲気を伝えるイメージショットのみです。

スポンサーリンク

撮った写真を載せてみる

結婚式の写真って、ケーキ入刀みたいに新郎新婦をメインに撮ることが多いんですが、テーブルの飾り付けなど、新郎新婦があまりじっくり見れないシーンを撮っておくと喜ばれるように思います。
なのでその辺を意識した写真を少し多目に撮りました。

wedding2

wedding3

飾り付け
アットホームな、凄く手作りな温かみのあるパーティで凄く良かったですよ~!

因みにこの3枚は、キヤノンの激安単焦点レンズである「EF50mm F1.8 STM」で撮りました。
このレンズは周辺減光が凄く、画質も甘いんですが、それが逆に良い味になったように思います。

続いてEF135mm F2L USMで撮った写真。受付の様子なんかも喜ばれる被写体の一つですね。
メッセージノート
こちらも減光させたまま撮っています。

こちらはEF24-70mm F2.8L II USM。こちらも減光させたまま。
wedding4

やっぱり指輪交換などここ一番のショットはEF24-70mm F2.8L II USMでした。
外せないシーンではちょっと50mmなどは怖いです…。

まとめ

今回はフルサイズの特徴の1つとも言える、周辺減光を意識した撮影をしてみました。その御蔭で普段の写真より少しノスタルジックな雰囲気が出たんじゃないかと思います。

普段は補正して撮ることが多いんですが、RAW現像を含めて考えれば「周辺が暗いんじゃなくて中央が明るい」とも言えるので、そう思うとまた写真が楽しくなったような気がするのでした。