キヤノンの写真関連ソフトのバージョンアップ方法

キヤノンは、RAW現像ソフト「Digital Photo Professional」を始めとして、PCとカメラを連携させる「EOS Utility」、独自のピクチャースタイルを作成する「Picture Style Editor」など、数々の便利なソフトが無料で用意されています。

dpp4

これらは新しいカメラやレンズが発売されたときや新しい機能が加わったときにバージョンが変わるのですが、この作業、ユーザーが自分で行う必要があります

とても簡単な手順ですが、先日知り合いにやり方を聞かれたので記事にしておきます。

スポンサーリンク

方法

ダウンロード

・まずは下記のページにアクセスし、ご利用の機種を選択します。

キヤノンのデジタル一眼レフカメラのソフトウエアダウンロードに関する機種選択ページです。

・次にOSを選択します。僕の場合はWindows10の64bit。

OS

OSが32bitか64bitか知りたい場合はエクスプローラーを立ち上げ、左側に表示される「💻PC」を右クリックし、プロパティを選ぶと表示されます。
bit確認
↓↓↓
bit

・続いて使用したいソフトを選択します。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

2016年現在、Digital Photo Professionalは4.x系、EOS Utilityは3.x系が最新です。過去のバージョンは別段理由がなければ入れる必要はないでしょう。

・ソフトを選択すると、画面の右に「ダウンロード」とあると思います。
これを選択するとシリアル番号を入れるよう促されるので、カメラ下部もしくは保証書に書いてある番号を入力します。

これでダウンロード出来ます。

インストール

ダウンロードしたファイルが「ダウンロード」などのフォルダに「dppw4.5.0-installer.zip」などという名前のファイルが入っていると思うので、それを右クリックし、「すべて展開」を選択。(このあたりはOSのバージョンや設定で微妙に違うかもしれません。)

tenkai

多分こんな感じの画面になるので、展開を押します。

すると表示されたフォルダに「dppw4.5.0-installer.exe」というファイルが出来ているはずなので、それをダブルクリックして実行。

あとは促されるまま進めていけばOKです。

まとめ

以上、簡単にではありますが、カメラ関連ソフトウェアの更新方法でした。

この更新作業、シリアルを入力してダウンロードするってのがちょっと落とし穴かなぁという気がします。
あと、ソフトに更新があっても、それ自体に気づきづらいのも個人的には気になります。

なのでソフトが自動で更新してくれるか、もしくはソフト上で更新作業が出来ると良かったなぁと思います。

あ、一応「CANON iMGE GATEWAY」というサービスに登録し、自分の機材を登録すればお知らせが出るようになるので、それも活用されると良いかもしれませんね。

image GATEWAY

とはいえ、今回のように5D Mark IVのデュアルピクセルRAWなど、バージョンアップで結構な機能が追加されることもあるので、ぜひ定期的にチェックして最新の物を使っていきましょう。

スポンサーリンク

お気に召したらぜひシェアをお願いします!

フォローする