RAW現像~僕のワークフロー~

皆さんRAW現像ってやってますか?

写真を撮るときに、JPEGだけでなくRAW形式でも撮っておけば、後から殆ど画質を劣化させずに編集することができます。

「RAW現像って何をやっていいか分からない」って声をよく聞きますが、実際にやってみるとこれが凄く簡単!

というわけで、今回は僕なりのRAW現像の流れを書いてみようと思います。
それほど深く考えずに作業しても、十分クオリティが上がるんだということを実感してもらえればと思います。

RAW現像

因みにRAW現像のソフトですが、僕はほとんどの場合キヤノン純正のRAW現像ソフト「Digital Photo Professional 4」を使っています。

理由は簡単で、各設定項目がカメラに準じているからです。
新たに項目の名前や役割を覚える必要がなく、またDPPでカメラの設定をシミューレートしたり出来るので、特にカメラ初心者の方におすすめですよ~!

スポンサーリンク

RAW現像で気にする4つのポイント

RAW現像ではまず何から手を付ければ良いのでしょうか。

僕はそれほど深く考えず、主に次の4つだけに絞って、

  • 明るさ
  • コントラスト
  • 色の濃さ

これらを、気になったものから順に編集する感じです!

と、文章で書いただけでは分かりにくいので、今回はこの猫の写真を使って僕のワークフローをご紹介します。目標は、「もっと爽やかにする」です!
編集前

作業の流れ

色を編集する

まず、この写真では妙に青っぽい色が気になったので、最初に色から調整していきます!

そもそも色の編集って何だ?って話ですが、RAW現像の場合、色とはすなわちホワイトバランスのことと思えばOKです!
RAWで撮った写真は後から自由にホワイトバランスを変更出来るので、あまり深く考えすぎず、カメラと同じ感覚で調整しましょう。

今回の写真はオートホワイトバランスで撮ったんですがそれだと青すぎたので、「太陽光」にするとちょうど良い色味になりました。

ホワイトバランス

ホワイトバランス設定

色々試しながら最適な設定を選べるのもRAWの魅力ですね。

因みに今回使用しなかった「微調整」欄ですが、これはプリセットのホワイトバランスでは思い通りにいかない場合に使います。

ホワイトバランス設定

普通は、「ピンクっぽい写真だったらピンクとは反対のグリーンに振ってみる」という使い方をするんですが、故意にずらして雰囲気を出したりすることも出来るので、色々試してみると楽しいですよ♪

グリーン

ちょっと猫の写真とは関係ない例で申し訳ないですが、極端にグリーンに振ってちょっとフィルムっぽい感じにした例です。

明るさを調整する

続いて明るさを調整します!
全体的に暗いため、くすんで見えてしまいます。明るくしましょう。

明るさ調整55
明るさ調整のバーを使い、0.50ほど明るくしてみました。

明るさ調整55

写真自体が露出不足の場合にも露出を上げますが、今回のように、色のくすみを明るさを上げて解消するなんて使い方も出来るので覚えておくと便利です!

コントラストを調整する

続いてコントラストの調整です。これは「明るさの調整」とセットで考えると良いと思います。

というのも、明るさを上げると本来暗かった部分まで明るくなるので、メリハリがなくなりがちです。
なので今回は0.5ほどコントラストを上げてみました。

コントラスト

あまりやりすぎると極端な写真になるので少しだけ。
分かりにくいと思いますが少しメリハリが出ました。
コントラスト

色の濃さを調整する

最後に色の濃さです!

これもコントラストと同じく「明るさの調整」とセットで考えます。
明るさを上げると色が薄くなるので、それを補ってやるのです。

こちらもやり過ぎると極端な絵のようになりますから、少しだけ。
色の濃さ

今回は1.5上げました。
編集後

これにて完成です!

少し極端な編集になりましたが、最初に比べると爽やかさが出たと思います!

まとめ

ということで、今回は僕のワークフローを紹介してみました。いかがだったでしょうか。

最初にも書きましたが、自分なりのRAW現像方法が確立されてくれば、編集がどんどん楽に、そして楽しくなってきます。

ぜひ皆さんもRAW現像にトライして、撮った後の楽しさも実感してみてください!