6Dの予備バッテリーLP-E6Nを購入!

お祭りシーズンですね!

お祭りといえば花火ですが、皆さんもう撮りましたか?
僕はまだ撮ってないので、今週島根県は松江市の「水郷祭」を撮りに行く予定です♪

さて、そんな花火の撮影なんですが、ライブビューを多用したり長時間露光が増えるとバッテリーが驚くほど早く減りますよね。

大切な撮影中にバッテリー切れを起こすと悲しいので、今回新たにキヤノン純正バッテリーであるLP-E6Nを購入しました。

LP-E6N

スポンサーリンク

LP-E6とLP-E6Nの違い

まずこのLP-E6Nについてなんですが、6Dの初期搭載のバッテリーはLP-E6で、Nが付きません。

この違いはLP-E6は2008年発売、LP-E6Nは2014年発、つまり後継品です。

性能の違いは、

  • LP-E6→1800mAh
  • LP-E6N→1865mAh

ということで、容量が増えています。その差約3.6%ですね。

3.6%というと、例えば旧型で1,000枚撮れる条件で、現行型だと1,036枚撮れるって数字なんで、僕としては意外とこの差は大きいなと感じました。

互換性

さて、そんなLP-E6Nなんですが、6Dで使えるんか~?と思って調べたところ、ちゃんと取扱説明書に

「バッテリーパックLP-E6Nは従来製品のバッテリーパックLP-E6から電池容量の向上を図った製品です。そのためLP-E6を使用するすべての機器で使用できます。」

と、記載がありました。
つまり、最近の5D、6D、7Dシリーズ、二桁Dシリーズ全てに対応しているわけですね。

例えば現在二桁Dを使っていて、将来フルサイズ機に移行したいなぁ~なんて思ってる方も、将来も同じバッテリーパックが使用できることになるので凄く良いですね。

まとめ

というわけで、バッテリー買ったよーという話でした。

バッテリーが切れてしまうと、どんなにいいシチュエーション、シャッターチャンスに恵まれても、たったの1枚だって撮ることが出来ません。
新しいバッテリーも使って、不安を抱えること無く沢山花火が撮れたらなぁと思っています!