【ハスキー】3D雲台#1504レビュー

今回は3Way雲台の決定版、ハスキーの3D雲台「#1504」のレビューです!

もう超有名すぎて今更レビューを書く必要があるのか微妙ですが、このブログは僕の自己満足も含まれているので書きます!

なお、合わせて使う三脚はGITZOの4型3段ロングなので、太ネジ用(雲台を載せる部分のネジが太い)である#1504を選択しました。三脚が細ネジの場合は#1505です。

▼GITZOのレビューはこちら

GITZO(ジッツオ)のカーボン三脚、システマティック4型3段ロングを購入しました! 恐らく僕の人生において最初で最後の本格三脚になると思ったので、オーバースペックとも言えるかなりしっか...

スポンサーリンク

この記事のもくじ

外観

まずはその外観を見ていきます。


前から見たところ。ご覧の通り、オシャレさとかそういうことじゃなくて、ガッチリした無骨なイメージ。カッコいいです。上面にはコルクシールが貼ってあります。


三脚の固定はシュープレート方式ではなく、直接カメラに取り付ける形です。
金色のネジを締めて軽くカメラを固定した後、黒い円盤を回して更にガッチリ固定する、という方式です。
これがかなりしっかりと固定でき、座面の小さなEF100-400の三脚座でもビクともしません。


三脚に取り付けてEF100-400をセットしたところ。フルサイズのカメラが小さく見える…!!

測定値

ちょっと情報が乏しいので簡単に測ってみました。

高さ(三脚との取付部からカメラ取付部まで)は約14.3cm。
カメラを載せる部分は若干台形になっていて、前側約60mm、後ろ側約5.8mm、長辺約86mm。
重さは1,228gでした。どれも簡易的な実測値なので±1mm程度の誤差はあると思います。

感想

正直言って雲台としてはかなり大きい部類に入るし、重い。三脚によってはヘッドヘビーになるかもしれません。
またクイックシュー方式ではないので、毎回ネジを回してカメラに直接取り付ける必要があり、これが暗い場所では難儀します。

でも、安定性と安心感は最上級。これは間違いありません。
特にパン棒を締めていく際にもまったくファインダー像が動かないのはありがたいですね。

三脚というのはどこか一部分でも弱いと、それだけで写真にブレが出てしまうので、雲台までしっかりしたものを選びたいですね。

三脚と共に長く使っていきたいと思います!

楽天はこちら

スポンサーリンク

お気に召したらぜひシェアをお願いします!

フォローする