5D Mark IVでモデルハウスの撮影をして気付いたこと

先日届いたEOS 5D Mark IVで早速モデルハウスの撮影をしてきました!

モデルハウス

…が、そこには思いがけないトラップが!!!

(知人のデザイナーさんに頼まれて撮影している、あくまで素人としての記事です。)

スポンサーリンク

便利になったこと

まずはEOS 5D Mark IVの良かったポイントもあるのでそちらから書きます。

ライブビューがメチャクチャ便利になった

この5D Mark IV、三脚を使ってライブビューで撮る場合、メチャクチャ便利になってます!

屋根

具体的に言うと、タッチフォーカスとデュアルピクセルAFの相性が物凄く良いです。

今までのライブビューはAF速度が遅かったのであまり使い物にならず、MFでピント合わせを行っていたんですが、今回は凄く速いのでライブビューのAFのみで撮影しました。

特に任意のポイントで正確にAF出来る「ライブ1点AF」に設定することで、思い通りの場所にピシっとピントが合いやすくなります。(多分初期設定では顔認識+追従AFになってたはず。)

これまで構図ごとにちまちまとピントを合わせて撮っていたのが、ピッと合わせてパシッと撮れるようになったので、その分別のところに気を回せるようになりました。
本当にタッチパネルとDPの効果は絶大だと実感しました!

スマホ連携が便利

そしてWi-Fiでスマホやタブレットと連携できるようになったこと。これも思った以上に便利でした。

アプリ画面

もちろん6Dの時でも出来ていましたが、DPAFの効果でより使い勝手が向上したと思います。
次から次へと撮らないといけない場面では、ちょっとスマホ連携は使えないと思っていましたが、5D4からは活用出来るシーンが増えそうです。

またスマホと接続さえしていれば、デザイナーさんに「こんな構図でどうですか?」なんて見せるのも、いちいちカメラを三脚から外してディスプレイ見せる必要が無いので凄く楽。

因みに、親指AFを設定している場合、アプリの画面をタップするだけでは自動でピントが合いません。
が、アプリ側の設定でAF-ONボタンをアプリ上に表示できるので、この設定をONにしておけばアプリからでも簡単にピントを合わせることが出来るようになります。

screenshot_20160911-223959

歪曲補正が便利

そしてレンズ光学補正の「レンズ歪曲補正」が出来るようになったこと。
これ、建築系の写真だと凄く便利ですね。
撮影後の写真ですぐにピシっとした画で確認できるのはありがたいです。

歪曲補正

撮影後の手間も減るのもいいですね。

(※後日確認したら歪曲補正は6Dにもありました。)

困ったこと

ただし良いことばかりではない!
今回初めて5D4で現場撮影して気付いたことを挙げておきます。

DPRAWが重い!

今回はパンフレットに使う写真なので、「気合入れて撮るぞ!!」とデュアルピクセルRAWを設定して撮影しました。

しっかし家に帰ってRAW現像してみてビックリ!
DPPで書き出ししようとしたらメチャクチャ時間がかかるんです!
体感は6Dの時の2~3倍!

書き出し

なので新しい機能のDPRAWファイルを快適に扱おうと思うと、それなりのPC環境を整えてやる必要がありそうです。
また頭の痛い問題が出来たなぁと…。

(後で考えてみると、DPRAWは絞り開放で撮るときに効果がある形式らしいので、今回のように絞り込んで撮る撮影にはあまり意味がなかった。普通のRAWで撮れば良かった…。)

バッテリーの持ちが悪い

ライブビュー多用で、しかも一時的とはいえスマホでWi-Fi操作したりしてたので仕方ない部分もあると思いますが、6Dを使ってた頃よりバッテリーの減りが速いような気がしています。

バッテリーの予備は必ず必要だという印象です。

お祭りシーズンですね! お祭りといえば花火ですが、皆さんもう撮りましたか? 僕はまだ撮ってないので、今週島根県は松江市の「水郷祭」を撮りに行く予定です♪ さて、そんな花火の撮影なんですが...

2桁D系、6D、7D、5D Mark IIIとはバッテリーの互換性があるので、そういうのがある人は予備に持って行くといいでしょう。

Lightroom6.6.1が5D4に未対応!

【追記】
Lightroom6.7で5D4に対応しましたので追記しておきます!
ただDPRAWの微調整には未対応です。

そして一番困ったのがこれです!

Lightroomでファイルを読み込んでみてビックリ!!

lightroom

そう、Lightroom6.6.1の段階では5D Mark4は未対応なんです!

考えてみれば発売直後の機種なんで別にMark IVが悪いわけじゃないんですが、発売されてすぐのカメラを買ったのが初めてだったのですっかり頭から抜け落ちていました…!

僕は普段建築写真の場合、Lightroomの「Upright変形」で台形補正していたので、これが使えないのが非常に痛いのです。(Photoshopを持っていない)

当分はDPPで書き出したファイルをLightroomで変形することになりそうですが、近いうちに5D4にもDPRAWにも対応すると思うので、それが少しでも早くなるように願うばかりです。

まとめ

ということで、思わず見つけた良いポイントと困ったポイントでした。

5Dは色々なシーンで使われるカメラだと思うので、普段と違う撮り方をすると思いがけない発見があって面白いですね。

また何か気付きがあればこのブログに書いていこうと思っていますよ~。