EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMレビュー

こんにちは、写真好きなのかカメラ好きなイマイチはっきりしない僕です。

本日は発売されてから2年近く経ち、だいぶ使い倒したAPS-C用の超広角レンズ、EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMをレビューしてみます。とにかくコストパフォーマンスの良い超広角レンズで、初心者の方にもオススメのレンズです!

EF-S10-18mm

スポンサーリンク

この記事のもくじ

外観

まずは外観から見ていきましょう。
EF-S10-18mm
最初のと同じ写真ですが、外観は最近のSTMレンズと殆ど同じです。一番前玉側がピントリング。スイッチもAFとISしかないので操作で迷うことはなさそうです。

14mmで一番鏡筒が短くなる構造です。逆に10mmで一番長くなりますが、その繰り出し量はごくわずか。
10mm時

フードを付けると少しそれっぽくなりますね。広角なので標準ズームより少し短めの花形フードです。
フード装着時

フードは別売りなのでご注意。

マウントはプラマウント。
マウント

キヤノンの開発の方のインタビューを読んでいると、本体が軽量なので、プラマウントでも十分と判断したようです。

それもそのはず実際の重さ(レンズフードやキャップや保護フィルター込)が約308g!しかもコンパクトなので、カメラカバンに1つ追加しても気にならないのは嬉しいところです。

写真

それでは僕の撮影した稚拙な写真を何枚か載せてみます。ボディは全てKiss X6iです。

シーサー
このレンズ、得意とするのは被写体にグッと近寄る撮り方ではないでしょうか。最短撮影距離が22cmと極端に短いので、デフォルメ効果を強調できます。

落ち葉
ローアングルで撮ると広角特有のパース感が出ます。周辺は少し流れちゃってますね。

軌跡
同様のパース感を、スローシャッターで光の軌跡に使ってみました。写真のように強い光源が入るとゴストが出やすいです。

HDR
広々とした風景を撮るのも良いですね。特に空が沢山入るのが嬉しいです。

満月
そういう意味で空との相性が非常に良いので、様々な空の表情を撮ることが出来ます。

空模様
雲や光も、広角レンズならダイナミックに写ります。

感想

このレンズの売りは、この価格帯、軽さで本格的な広角レンズを体感できることだと思います。今まで安くても7万円以上したことを考えるとこりゃ革新ですな。

手ブレ補正が付いたことも嬉しいポイント。スローシャッターを使った被写体ブレ表現なんかは今までは三脚が必須でしたからね。

画質に関して言うと、超広角なのでやはり少しながら収差が出ますし、Lレンズなどと比べると色乗りも少し劣ります。物凄く拡大したり等倍で鑑賞する場合は気になるかもしれません。

が、それを求める人はLレンズ層だと思いますので、そこはターゲットを上手く絞り込んでいる印象ですね。

というわけで、このEF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM。オススメなのは、そこそこの価格で超広角を体験したい方、ダブルズームキットの次に買うレンズに悩んでいる方、気軽に持ち出せる広角レンズを探している方です。

決して安くは無いですが、次に買うレンズの候補に入れてみては如何でしょうか?