スピードライト430EX III-RTレビュー

キヤノンのスピードライト「430EX III-RT」を半年以上使用したので、レビューです!

430EXIIIRT

僕が持ってるアクセサリーの中でも一番出番の多いのがこのスピードライトです。

フラッシュって暗いところで使うもの、というイメージがあるかもしれませんが、いやいやそんなもんじゃありません!
ちょっとした味付けから逆光を補正するようなライティングまで、表現の幅を広げてくれるのが外付けストロボです!

スポンサーリンク

進化点

キヤノンのスピードライトと言えば長らく430EX IIが定番モデルでしたが、今回はそれの後継機。いくつか進化点があるのでそれを先にご紹介します。

ラジオスレーブに対応

フラッシュを本体から離れた場所で光らせるスレーブ発光。これまでの430EX IIはカメラ本体のフラッシュを感知して発光していました。

これはこれで簡単でいいんですが、カメラのフラッシュが被写体に写り込む、本体フラッシュが届かない場所では使用できない、などの問題がありました。
今回の430EX III-RTでは上記はもちろん、新たに電波式の通信(ラジオスレーブ)も可能になりました。(※ただしラジオスレーブの発信機は別売り)

操作性の向上

II型に比べ、マルチダイヤルや液晶の進化で操作しやすくなっています。もうちょっと強く光らせたい、なんてときも簡単。
裏面

また、首振りの角度が増えています。
前型の首振り角新型の首振り角
前モデルとは180°になる向きが変わっていますが、多分バッテリーグリップ使用時の向きに合せたんだと思います。

小型軽量

II型に比べて小型軽量化されたのも嬉しいポイント。
サイズの違い

外観

ざっと外観を見てみます。

430EXIIIRT

430EXIIIRT

電池は単3電池が4本。もちろんエネループ。
カタログによると連続発光可能回数(電池の持ち)は若干減っているようです。
電池

前モデルになかった機能の1つにアイキャッチパネルがあります。バウンス撮影時に瞳の中にキャッチライトを入れ、イキイキとした表情にすることができます。
キャッチライトパネル

ワイドパネルは前モデルと同じですね。これで14mmのワイドレンズまで対応します。
ワイドパネル

液晶のバックライトは基本的に緑ですが、スレーブ時はオレンジになります。
スレーブ時

今回は付属品もあります。

一つはカラーフィルター、白熱電球環境で定常光とフラッシュの色温度を合わせるために使います。
カラーフィルター

写真はありませんが、デュフューザーのような形をしたバウンスアダプターもあって、天井バウンスで影が出すぎる場合に使います。
(直射した光を柔らかくするディフューザーとはまた別なようです。)

作例

430を使って撮った写真を載せてみます。本当は甥っ子や人物をかなり沢山撮ってるんですが、色んな都合で載せられないのが残念!

バウンス発光

天井や壁にフラッシュを反射させて撮る「バウンス」という方法で撮った写真。

まずは世界で一番可愛いんじゃないかと噂の甥っ子くんの写真です。ギリギリ顔が隠れてるのでセーフ。
バウンス2
オモチャも手も髪の毛も、全ての光り具合にバウンス発光の良さが出てると思います。
こういうのって部屋の明かりだけではどうしても出来ない、バウンスならではのライティングです。こうやって見ると本当にポートレートと相性が良いですね。

続いてはお茶のお菓子。写真自体は構図も何もあったもんじゃありませんが、光の具合を見て下さい。笑
お菓子
先ほどの甥っ子の例もそうですが、光が一度天井で跳ね返ることで、柔らかくシャワーのように光が降り注ぎます。これも決して部屋が暗かったわけではなく、被写体に優しい光を当てたくてフラッシュを使いました。

スレーブ発光

続いては、カメラ本体から離れた場所でフラッシュを発光させる「スレーブ発光」です。

僕はフルサイズ機を使ってるので内蔵フラッシュがありません。なのでトランスミッター「ST-E3-RT」を別途購入してスレーブ発光させています。

トランスミッターを使っての操作はすごく簡単です。430EXを「スレーブ(電波)」状態にしておき、トランスミッターをカメラのシューに付けて電源を入れるだけ。あとはシャッターを押すだけで勝手にコントロールしてくれます。

因みに、僕はブログで使う商品撮影的な写真はほとんどスレーブ+アンブレラの組み合わせで撮っています。
スレーブ発光の良いところは光の位置と向きを自由に変えられることで、影を消したいとかハイライトを入れたいとか、そういうアイディアを簡単に試すことが出来ます。
430EXもトランスミッターも、操作がとても分かりやすいので簡単に色々チャレンジできるので嬉しいですね。

あとこの写真は320EXという一つグレードが下のストロボを使った例ですが、こんな写真もスレーブ発光の代表的な例になります。
金魚鉢
これはこの鉢の上少し後方から320の光を当てた写真。半透明なものに若干逆光気味の光を当てると透き通った感じを表現できるんですが、こういう表現もオートでお手軽に出来ます。

ハイスピードシンクロ

外付けストロボの機能の1つに、ハイスピードシンクロというのがあります。僕はあまり使わないので分かりやすい作例がなくて申し訳ないのですが、1枚だけ載せてみます。
ハイスピードシンクロ
逆光などでよく使われる手法ですが、明るい場所で少しアクセントを効かせたい場合にも使えます。(明るい場所で開放で撮影したのでシャッタースピードが1/500秒になっています)

この他にもスローシンクロなど、まだまだストロボの活用方法はたくさんあります。

まとめ

スピードライトを使ったことない人が初めてスピードライトを使うと、「デカイ・重い」で驚くんですが、その次にはもう「これがないとダメ!」になるんですよね。

また、「フラッシュって使い方が難しそう」というイメージがあると思いますが、カメラ任せでも十分レベルの高い写真が撮れます。

「暗いからフラッシュを使う」んじゃなく、写真の質を上げるために。物撮りからポートレートまで、全てにおいてワンランク上の表現が出来るのがスピードライトです。

オススメですよー!

コメント

  1. まつお より:

    通りすがりのコメント失礼します。
    バイキンマンのオモチャの写真の肌の質感がすごく私の撮りたいイメージに近く、もし差し支えなければその際の設定(WBなど)、機材など詳細を教えて頂ければと思います。
    当方も先日430を購入し試行錯誤しているところです。

    • てぴっくす より:

      まつおさん、コメントありがとうございます!m(_ _)m

      こちら、430をONにした以外完全にオート、撮って出しです。
      ボディは6D、レンズはEF24-70mm F2.8L II USM。
      Avモードでf/2.8、焦点距離59mm、1/60mm、ISO-400。
      測光モードは評価測光、ピクチャースタイルはスタンダード。
      フラッシュは天井バウンスです。
      フラッシュをONにすればAWBでも少しオレンジっぽい色味になると思うので、色味はそれだと思います。

      あまり参考にならない設定で申し訳ないです…笑

      • まつお より:

        ご返信ありがとうございます。
        オートでここまで、質感良く撮影できるんですね♪
        参考にさせていただきます!

        • てぴっくす より:

          まつおさん
          横着をしてフラッシュを使わなかった写真も数枚あるのですが、この雰囲気は全く出ません。
          なのでほとんどフラッシュの力なんだと思います。笑

          是非良い写真を撮って下さいね(^-^)